医療関係のお仕事って?具体的には何がある?

役立つ!医療関係の資格と経験

医療関係のお仕事は、資格取得までの道のりが厳しいものも多いですが、取得後の就職は比較的容易で、国家資格も多いため、何よりの強みになります。一度社会経験を積んだ人が、医者や看護師を目指して大学や専門学校を受験することも、珍しくはありません。夜間の学校もあるので、働きながらや、子育てをしながらスクーリングをする人もいます。
また、無資格でもOKな病院の看護助手として働きながら、医療関係の資格の勉強や受験準備をする人も多くいます。看護助手の仕事は、シーツ交換から身体介助まで幅広く、病院によって内容が違うこともあるので、経験を積みたい場合は積極的に看護師について患者さんの介助を手伝わせてもらうことがおすすめです。

医療関係に役立つ主な資格と職種

医療関係の資格には、代表的である医師、看護師の他にもたくさんの職種に合わせた資格があります。外来の受付や医療費の計算をする医療事務、薬の説明を専門とする薬剤師、患者さんの入院中から退院後までの生活相談を受ける社会福祉士、ケガなど整形外科の病気のサポートをする理学療法士、認知症など精神疾患や脳障害のケアをする作業療法士、入院食や疾患に合わせた食事を提案する管理栄養士、精神障害者の相談援助をする精神保健福祉士など、この他にもさまざまな職種が医療を支えています。
それぞれの資格によって、取得方法が異なり、筆記試験以外にもスクーリングや実務経験が必要な場合もあるため、自分の得意分野とライフスタイルに合った資格取得方法を知り、職種を選ぶことがおすすめです。