医療を受ける私たちにかかる治療費負担とは?

医療費負担を軽減する医療保険

病気やケガで困っている人が適切な医療を受けられるようにするため、日本では公的な医療保険が用意されています。これらの保険に加入していれば医療費の大部分は補助されるため、医療費の支払いは軽くなります。初めて利用する医療機関で保険証の提出を求められるのは、医療保険への加入状態を確認するためです。保険に加入していなくても医療は受けられますが、その場合は全額を負担することになります。
もっとも基本的な公的医療保険は、国民健康保険です。自営業の人などが加入します。勤務先の企業(または業界)に保険が用意されていることもあり、企業の従業員とその家族が加入できます。医療費の負担割合は保険によって異なり、国民健康保険では3割の負担となります。

保険が適用されない治療費もある

日本で行われている医療は原則として医療費の補助があります。しかし、なかには保険に加入していても医療費全額を負担しなければいけない場合もあります。このような医療は自由診療や自費診療と呼ばれています。身近なところでは、歯科で行われている大人向けの歯列矯正は原則として自費診療となります。
先進的な治療方法であったり、日本では未承認の医薬品や素材を使って処置を行う場合は自費診療の可能性が高くなります。医療費が高額になる反面、優れた治療効果や自分の体質に合った医療を受けられる傾向があります。自費診療になる処置を選ぶか、保険適用の処置を選ぶか、医師からよく説明を受けて決定しましょう。自費診療の処置にかかる治療費は、医療機関が独自に設定できます。